--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.22

ハハ キトク ・・・② <命>

南武線は5分遅れで発車
京急川崎では羽田直行急行は出た後だった
京急蒲田まで行く タクシーも視野に入れる 品川から来た羽田行きがくる
何とか間に合った 13:30発ANAに乗る

空港には姉貴の息子たちが来てくれていた
長男に様子を聞きながら車に乗り込む
「覆面パトカーが走っているからな」長男が運転の次男を諌めるようにつぶやく

病院の玄関には・・・なんだぁ 親戚一同が勢ぞろいしている
車のオイラの顔を確認すると寄ってきた
悲壮感はない 少し安心した 小康状態だそうだ
医者が「みんなを集めなさい」と指示したそうな
「いつから東京なんだ 北海道じゃなかったのか」
伯父、叔父、伯母、叔母、その家族・・・
ご無沙汰を責められながら病室へ

酸素マスクと昇圧剤、生理食塩水の点滴、心電機、血圧計・・・
母は必死の形相で戦っていた
とりあえずの危機は脱したそうだ
「お前が来たから大丈夫だな いったん帰るぞ」
「うん 有難う」
親戚たち帰宅
ずっと見守ってくれていたようだ

看護士が来た
「長男さんが来られたら先生がお話があるそうです」
親父と姉貴と3人 医室に呼ばれる

「今後の医療方針についてご確認しておきたいのですが」
続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 00:12 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2006.09.21

ハハ キトク・・・ ① <帰郷>

19日 朝 6:04 携帯が鳴る 姉からだった

ドラマや小説ではよくあるシーンだし
寝たきりの母なので いずれそういう事態は覚悟できていたのだが

「お母さんの容態が急変したの 熱が41.5度あるし血圧がどんどん下がってる 
○○荘<特別養護老人ホーム>から病院に移して今診てもらってる」

姉も腹の据わった女である
淡々と話を進める

「今日 帰って来い って状況では今はない でもどうなるか分からないから都度連絡入れる」
「おう 分かった 頼む」

8:20 週明けの朝は課長達と朝連絡会をしている
冒頭話す
「プライベートで申し訳ない 母の状態が悪い 帰るかもしれない」
「分かりました 大丈夫ですから 優先ください」
8:30 上司が出社 帰郷の可能性があることを伝える
「それはなぁ 考えることない 帰ったほうがいいよ」
「姉に状況を確認していますので それ次第では。 有難うございます。」

病院にいるので携帯が通じない
メールを入れる
10:16 親父が帰ってきて欲しがってる由 姉から返信
帰ろう
今週のアポの対処を課長たちに指示 上司にお願い
「分かった こっちのことは心配せずに。 あと嫌なことかも知らんが礼服もって帰ったほうがいい。」

13:30発 ANAを予約
ネットで検索 12:09の南武線に乗れば間に合うな
自宅で礼服を探す 着替えも3日分準備 
12:09 南武線到着と同時に姉からTEL 電車の中だが話す
「延命処置をしている いつ帰れる?」
「13:30に乗る 今電車だ切るぞ」
「わかった 空港に誰か迎えに行かせるわ」
「頼む」
TELを切る

・・・ん? 延命処置?
頭の中グルグルする
気がついたら電車が動いてくれていない
車掌のアナウンス
「ご病気の方が出られたので発車が遅れております」

待ってくれよ え? なんだって
早く出てくれ
13:30に間に合わない
 

Posted at 21:53 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2006.09.10

夏の朝

カーテンはしない

朝陽が好きだから


窓辺には大家さんの庭から伸びる夏葉が繁る
朝陽とともに ニーニー蝉の輪唱が始まる
うるさくって目が覚める

ウトウト寝ぼけていると
○I○Iのビルに隠れていた太陽が徐々に上ってな 直射で顔にぶつかってくる
こうなると もう寝ていられない

今日も暑いぞっ
タイマーで切れたクーラーのスイッチに手が伸びる




あぁオイラ

四季の中で夏が一番好きだったんだ

忘れていた夏の感覚を思い出した

いずれニーニー蝉もツクツクホウシに主役を譲っていくんだろうな

じき 秋だ


Posted at 00:16 | 未分類 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。